症状ごとに応じて治療可能

女性の顔

影グマによるたるみや目の下のくま、エラスチンの不足によるまぶたの凹凸によるたるみなど、症状ごとに確実に対処できる点が、美容整形での手術が人気の理由です。知っておきたい情報として、これらの手術はメスを使う切る手術と、切らない手術があり、それぞれの施術法の特徴が異なる点です。

自分に合った方法で

整形

目のクマの治療はクマの状態によって方法が変わります。治療はレーザーや炭酸ガスで切らない手術か、ヒアルロン酸や脂肪を注入する方法がメインです。クマを完全に消したいのか、目立たなくすればいいのか、健康的に見せたいのかで治療も違うので相談できる医師を選ぶことが重要です。

加齢によるたるみも治せる

女性

傷跡も目立たない時代に

自力治癒が困難な目の下のたるみは、美容整形の分野では比較的古くから施術が行なわれていました。当時は下眼瞼切開法などのまぶたのラインに沿ってメスを使って切開をする施術が主流でしたが、現在ではメスを使わなくても施術が可能となっており、人気があるたるみ取り施術となっています。メスを使わない施術としては、脂肪注入やヒアルロン酸注入といった施術があります。たるみの原因である皮膚の凹みなどに脂肪やヒアルロン酸を注射注入することで、凹みをなくしてたるみ取りを行う美容整形施術です。また他にも傷跡が残らない施術法として経結膜脱脂法もあり、眼窩脂肪の突出などを原因とする場合に特に有効なたるみ取りとして、美容整形ではやはり人気となっています。

複数の原因と複数の施術法

見た目が貧素で老けて見られやすいだけに、目の下のたるみは誰もが気になる悩みです。目の下のたるみが起こる理由は実は複数あり、それぞれ特徴が異なっています。またそれに対応する施術法も違いがあるので、それらの違いについて理解をしておくと役立ちます。まず目の下のたるみが起こる原因ですが、これは大きく分けて2種類あります。1つが表皮を支えている真皮が衰えて皮膚がたるむ症状です。真皮部分のコラーゲンやヒアルロン酸が不足することで起こっており、その現象によって表皮の凹みが起こり、たるみに繋がります。たるみ取りのためには、下眼瞼切開術などがあります。そしてもう1つの原因が眼窩脂肪のせり出しであり、加齢による眼輪筋の緩みなどが原因です。こちらのたるみ取りには美容整形による脱脂法が適切です。

美容考えます

しわ

美容の向上と維持は誰もが常に意識していますが、若さを保てば両立します。老化は必然ですが、影響が現れ易い目の下にたるみが出来ても除去すれば若々しい容姿を簡単に回復することができます。施術が健康を損なわないことも、整形を希望する人が多い理由です。